ドッグフードの形や形状の意味

 

ドッグフードの粒には大小さまざまな大きさがあり、また三角や丸など形にも違いがあります。この粒形状の違いにはどのような意味があるのでしょうか。ドッグフードの粒の違いについて見ていきましょう。

 

ペットフード

 

ドッグフード粒の大きさや形が違う意味

 

ドッグフードの粒の大きさがさまざまななのは、それなりの意味を持っていることをご存じでしょうか。実はとても犬想いの理由があったのです。

 

大きさの違い

 

ドッグフード粒の大きさに違いがある理由は、大型犬や小型犬、さまざまな大きさの犬がいることが理由です。口の大きな大型犬に小さな粒のドッグフードを与えると、一気に食べてしまったり噛まずに丸のみしてしまう恐れがあります。

 

その逆で、小型犬に大きな粒のドッグフードを与えてしまうと、のどに詰まる危険性や、口の小さな小型犬には食べづらいという難点が出てきます。そのため、粒の大きさにバリエーションをつけ、食べやすいサイズの粒を選べるようになっています。

 

粒の大きさは、愛犬の食事風景を観察し、どのような食べ方をしているかチェックして決めるといいですね。

 

粒形状の違い

 

粒の大きさの違い以外にも、粒の形、形状の違いも見て取れます。丸やドーナツ型、骨型など、その形はさまざまで見ていてとても楽しくなります。

 

これはただ楽しむだけではなく、ここにもある理由が隠されているのです。

 

ドーナツ型

真ん中に穴が開いているため、あまり力を入れずに崩れるため、歯が弱くなったシニア犬などにピッタリの形。また穴が開いていることで、水やミルクでふやかしやすいという利点もあり、子犬用にも活用できます。

 

四角やさまざまな形

単純な丸ではない形は、噛んだ時に歯茎のマッサージができたり、歯の歯垢を取るなどの効果があります。デンタルケアに活用できる形です。

 

その他にもさまざまな形があります。どのような形があるかチェックし、その効果について考えてみるのもいいですね。