肉の種類による特徴と違い

 

犬はもともと肉食動物であり、人間の数倍のタンパク質を必要としています。そのため良質なタンパク質である肉を豊富に使用しているドッグフードを選ぶべきですが、使用されている主原料によって特徴に違いがあるといいます。どのような特徴があるのでしょうか。

 

肉

 

良質なドッグフードとは

 

ドッグフードを選ぶ際、どのようなことにポイントを置き選んでいるでしょうか。犬は狩りをして生活していた肉食動物であり、良質なタンパク質を豊富に摂取する必要があります。そのため、肉をたっぷりと使用したドッグフードを選ぶことが大切です。

 

その際、人間が食べても問題ないほどの品質であるヒューマングレードであればさらにマル。安価なドッグフードは量をかさ増しするために、穀物などを大量に使用していることがあります。

 

穀物は犬にとって消化しにくい食材であるため、多く摂取するのは危険です。そのため穀物を使用していないグレインフリードッグフードがとても人気なんです。肉を豊富に使用したドッグフードは愛犬にとって理想的な食事ですが、使用している肉の種類によって特徴に違いがあります。愛犬にぴったりの主原料肉を選んであげてください。

 

主原料肉の特徴とは

 

主原料として使用される肉にはさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。

 

鶏肉

手作りごはんにも使いやすい鶏肉は、低脂質低カロリーのヘルシーな肉のひとつです。そんな鶏肉はヘルシーでありながら、犬に必要なタンパク質はとても豊富なんです。

 

多くのビタミン群アミノ酸を含有していますが、特にビタミンAが豊富なことで有名。ただし、アレルギーを起こしやすい肉のひとつでもあるため、アレルギーを持った愛犬には注意が必要です。

 

牛肉

牛肉はとにかく高栄養な肉のひとつで、やせ形の愛犬に栄養を付けたい時などにぴったりの肉です。ビタミンB群リン亜鉛などのミネラル群も豊富。また犬に必要なタンパク質もたっぷりと含んでいます。

 

鶏肉同様、やはりアレルギーになりやすいという特徴を持っているため、注意が必要です。また、高カロリーで高脂質な肉でもあるため、肥満にも注意しなければいけません。

 

ラム肉

ラム肉もドッグフードの原料として代表的な肉のひとつです。タンパク質アミノ酸ビタミンB群亜鉛などが豊富に含まれています。ラム肉と特徴としてはL-カルニチンが豊富で、ダイエットに向いている肉でもあります。

 

馬肉

馬肉は低カロリーで高タンパクな理想的な肉のひとつです。健康にいいとされる不飽和脂肪酸であるオメガ3脂肪酸を多く含むことも特徴です。また、その他の肉と比べアレルギーが起こりにくい肉でもあるため、アレルギー体質の愛犬におすすめの肉です。

 

まとめ

 

愛犬は豊富なタンパク質を必要としています。そのためドッグフードは肉がたっぷりと配合されたものを選ぶことが重要です。肉にもさまざまな種類があり、それぞれに特徴が違います。

 

愛犬のタイプを見極め、愛犬にぴったりのドッグフード原料を選んであげましょう。