愛犬のためのドッグフード基礎知識

大切な家族の一員である愛犬。私達人間と同じく、毎日の食事が愛犬の体と健康を作っていると言っても過言ではありません。そんな毎日を支えているドッグフードはどのような原材料によって作られているのでしょうか。

 

各メーカーによってその原材料はさまざま

ドッグフードは主にラム肉や鶏肉、魚などにハーブや野菜、そして穀物類、卵などをバランス良く混ぜたものです。植物性のタンパク質が十分に摂取出来るようになっています。BSE問題が話題になってから、牛肉が使われることが少なくなっています。各メーカーにより、こだわりの食材や成分を使用し、各メーカー色を強く打ち出しているようです。

 

中には心配なものもある

最近ではドッグフードの安全に対するガイドラインも整えられ、愛犬に安心して与えるフード選びも楽になってきましたが、まだまだ安心出来ない部分もあるようです。中にはなんの肉なのか分からない「ミール」表記の肉や、自然由来でない酸化防止剤、ブロイラー、牛肉、家畜脂肪(動物性脂肪)、犬に与えてはいけないとされる野菜や、アレルゲンとなる小麦などの穀物が多く入っているものなど、注意しなければならないものが存在します。購入の際は、原材料名などの表記をしっかりと確認する必要があります。

 

どのようなドッグフードが良いのか

ドッグフードの選び方はさまざまなあり、注意しなければならないことも多いですが、大まかなチェックポイントをいくつか紹介します。犬は肉食の動物です。健康のために必要なたんぱく質は動物性たんぱく質を摂取する必要があります。それな犬の体の仕組みによるものです。そのため、一番多く配合されているのは肉類であるべきで、穀物類は肉類の数分の一で十分です。肉の種類も牛肉は避け、消化の良いラム肉や鶏肉、新鮮な魚がベストです。穀物も小麦やトウモロコシよりは、大麦や玄米が良いでしょう。