愛犬のためのドッグフード基礎知識

種類も豊富なドッグフード。本当に多くの種類が各メーカーから販売されているため、何を選べば良いのか迷ってしまうほどです。そんなドッグフードにはどのような種類があるのかを見ていきましょう。愛犬にピッタリのドッグフードが見つかるかもしれません。

 

 

さまざまな形状

ドッグフードには歯ごたえ、形状、水分などが違う、多くの種類があります。まずは水分が10%以下に抑えられたカリカリをした食感のドライタイプ。水分が少ない分、カビの発生を防ぎます。次にソフトドライタイプ。水分量が25〜35%で、加熱加工済です。セミモイストタイプも水分量は25〜35%とソフトドライタイプと同じですが、発泡処理せず膨化しないようにしたもの。ウェットタイプは水分量75%以上で、殺菌加工後缶詰やパウチに詰めたものです。その他にも顆粒タイプ、ジャーキータイプ、粉末タイプなどもあります。

 

成長に合わせる

ミニチュアダックス子犬

ドッグフードには、年齢やライフステージに合わせたものがあります。食べやすく消化の良い幼時期用、発育に必要な栄養素がたっぷりと配合された成長期用、8歳前後までの成犬用、8歳以降体の機能低下を補う老犬用など。また、妊娠中や授乳期中専用のドッグフードもあります。このようにさまざまなタイプのドッグフードが登場していますので、愛犬に合ったものを選ぶと間違いありません。

 

間食や目的食

通常、食事で与えているドッグフードはさまざまな栄養素が含まれた総合栄養食です。それとは別におやつとして、そして必要な栄養素を補う目的食としてのドッグフードがあります。おやつ、しつけ用のトリーツ、足りない栄養素を補給する栄養補助食、また、病気を患った場合、病気治療のため与えられる療養食などです。最近では肥満気味の愛犬が増えてきているようで、ダイエット用ドッグフードも注目されています。